英語のボキャブラリーを簡単に増やす方法まとめ

英語のボキャブラリーを増やす方法

独学で英語の語彙力をアップした社内公用語が英語のビジネスマン

 

英語のボキャブラリーを増やすには、英単語と英熟語を暗記することがポイントです。

 

もちろん英文法や日常英会話フレーズを記憶することも必要だけれど、何よりも最初に語彙とイディオムを記憶することが必要です。なぜなら、英単語と英熟語はどんな英語学習においても基礎中の基礎なので、ここを飛ばして勉強しても何もわからない状態になってしまうからです。

 

英単語と英熟語をしっかりと勉強すれば、英語に必要なボキャブラリーを増やすことが出来て、総合的な英語力をアップできます。

 

でも、どんな勉強方法が自分にあっているのか?そもそも自分の英単語力はどのくらいのレベルなのかを知らないと、間違った方向で努力してしまいます。

 

そこで、ボキャブラリーを最短で増やすためには、下記2点の学習方法がオススメです。

 

1.まずは無料の単語測定サイトを使って語彙力をテストする
2.現在の自分の語彙力と目標の語彙数を調べて、どんな勉強方法が最適なのか調べる

 

この2点をしっかりと押さえて語学学習すれば、英語力はどんどんあがります。

 

赤ちゃんが言葉を覚えて、日本語をどんどん話せるようになっていくのと同じく、英語力をつけたければまずはボキャブラリーを増やすことが近道ですね。

 

そのためには、英単語も英熟語も勉強できる“最新の語彙記憶システム”ボキャビルダーがオススメです。

 

30日間、無料体験できるので、今すぐ体験しましょう!

 

ボキャビルダー公式サイト

効率的に暗記して最短で上達

 

 

脳は何かを記憶したいと思ったときに、先ずは脳内にある海馬という場所に、記憶したい物事を一時保存します。

 

 

ところが海馬での記憶保存期間は非常に短く、せっかく単語を覚えたとしても、20分後には約半分の記憶が消されてしまいます。

 

 

さらに、1カ月後には約70%も記憶が消えてしまうので、いかに英単語などの暗記には繰り返しの学習が必要なのか分かります。

 

 

 

では、海馬で保存された記憶を脳に定着させるためにはどうすれば良いのでしょう?それは、海馬から消されてしまうギリギリのタイミングで再度思い出すことで記憶の定着につながると言われています。

 

 

たとえば、さきほど、暗記をした20分後には約半分ほどの記憶が消えると言いましたが、20分後のタイミングでもう一度確認、復習をすれば効率良く、長期的な記憶として残ります。

 

 

そして、これを応用したもっとも記憶に適した時間は、海馬で記憶をさせた翌日と、さらにその1週間後、そして1カ月後に復習をすると長期的な記憶に変わり、覚えた単語は半永久的に脳にインプットされると言われています。

 

 

ボキャビルダーの英単語暗記システムは、毎日の単語学習のなかで、コンピューターが自動で過去に暗記した単語の復習を脳科学に基づき取り入れてくれるので、効率良く復習ができるようになります。

 

 

毎日の学習で確実に英単語を覚えたいという方にお勧めです。

 

ボキャビルダー公式サイト